Finding you can change &Peace!


by caramel-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

元彼からの手紙

 手紙 だよ。



今日で付き合って7年。あっという間だったね。
ということで、今日ぐらいは真面目に手紙でも書こうかと思った次第です。おれにしては珍しい試みだけど。

さて、何から書こうかな。
あー、これ結構言いにくいんだけどさ、お前っておれ以外の男と会うときだけメイクするよね…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。この話はナシ(笑)。

最近わりと不穏な空気になるよね、うちら。この前も、おれがきゃらめると会う約束をキャンセルして、他の飲み会に行ったことでものすごく怒ってたね。「好きじゃないならさっさとふって」とまで言われたし…。
なんていうか、お前って思い詰めすぎだよ。不安なのかもしれないけど、むしろ不安になってるお前からおれは逃げたくなるんだよなぁ。

正直言えば、ここのところ、おれは疲れていると思う。おれなりに一生懸命付き合っているつもりなんだけど、あまり信頼されていないし、お前の笑顔も最近は見てないし、窮屈な気分だよ。感謝もされないし、文句ばかり言われているようなイメージ…。
お前はお前で、自信がないんだと思うんだよね。昔からそうだったし。でもおれは、そうやってお前の弱さの問題をおれにぶつけてくるのが不満。おれはお前のそばにいないよりいるほうがいいはずなのに、なんでこんなに文句言われるんだろうって思うよ。

あー、おれってほんと悪い方向にばっかり話を進めるなぁ。
記念日だしもっと前向きなことを書くようにするよ。話を変えよう。

いろいろと書いたけど、これでも、おれはきゃらめるのことを好きだし感謝しているんだよ。
言ってることがよく分からなくて理解できないところはいまだにあるけど、いろいろ我慢しつつおれについてきてくれたのは、有難いと思ってる。おれのことを思ってくれているからこそだと思うし、お前がいたから7年間が充実したものになったと思う。

きゃらめるが言っていた「殴られても浮気されても絶対に別れたくない」っていうセリフをおれは今もよく覚えているから(忘れられないけど…笑)、これからもできるかぎり傷つけないようにして一緒に歩んでいこうと思うよ。少し悲壮感を緩めてほしい気もするけどね(笑)。

これからもすれ違いとかあると思うけど、この7年間のように、理解を深めて乗り越えていこう。あ、それと「キスしたくなる飴」とか買ってくるのやめてくれ(苦笑)。

では、これからも末永くよろしく。きゃらめるがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.きゃらめるって祭を見かけるとすぐウズウズするよね…。


********************

きゃらめるさんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【こんな問題ありませんか?】
◆とにかく寂しい。
◆寂しさを分かってくれない人と付き合いやすい。そして疲れる。
◆安心を求めると飽きる。
【分析と課題】
寂しさとの戦い、それが今のきゃらめるさんにとって主要テーマではないでしょうか。恋愛に求めるのも「寂しさを埋める」ことがメインになるように思われます。

しかし寂しさを埋めてくれる人と付き合うと、どうもドキドキがなくなって、大切な人なのになんとなく退屈になって、他の人に目を向けたくなるかもしれません。きゃらめるさんは、自分の寂しさを埋めてくれる人を、「男」というよりは「父親」のように感じてしまうか「友人」のように感じてしまうのです。するとだんだんと相手に対し性的魅力を失っていくようになります。

きゃらめるさんが直感的に惹かれる人は、きゃらめるさんの寂しさへの理解があまりなく、きゃらめるさんを振り回します。そのような男性はきゃらめるさんにとって魅力的であり続けると思われますが、きゃらめるさんは泣かされることが増えますし、疲れ果てるかもしれません。きゃらめるさんは引っ張ってもらいたいと思っているのですが、しかし得てしてそういう男性は、女性の気持ちが分かっていない自分勝手な男性であることが多いのです。

理想的なのは、引っ張っていってくれるが大きく構えて見守ってくれている人、デレデレに甘いのではなく「ついておいで。いざというときは守ってあげるから」というスタンスの男性でしょう。しかし、いわばそのような男性は完成品。その前にきゃらめるさんの成長(寂しさに追われる恋愛からの脱出)が求められているとも言えるでしょう。
【恋愛キーワード】
「柔軟」「嫉妬心」「静か」「思いやり不足」「追う側」
【最後に】
きゃらめるさんは、もはや振り回される恋愛に疲れきっていたり、なかなか勇気の出ない自分に情けなさを感じているかもしれません。なぜ男性が冷たくなっていくのか、なぜ自分ばかりが一生懸命なのか、どうすれば恋愛はうまくいくのか、「?」でいっぱいかもしれません。傷の深さによっては「男なんて」と言いたくなるかもしれません。

そういう状態になると「いかにイイ男を探すか」に力を注いでしまい、より恋愛対象が狭まる現象が起きるかもしれません。それはそれでいいのですが、自分以外の「外」の改善を求めるならば、同時に「内」の成長も必要ではないでしょうか。きゃらめるさんが男性を理解して余裕を持ち、そして男性のいいところを引き出せれば、完成品の男性を探す必要はないのです。



************************


 なんだか、元彼のことみたいw というか、そのまんまやん! 同じ事言われた事、あるやん! 何これ?!
 というか、今の私とはそぐわないんだけど。過去の私とはピッタリって感じよ。 でも、きっとこういうベースがあるんだろうな。

>理想的なのは、引っ張っていってくれるが大きく構えて見守ってくれている人、デレデレに甘いのではなく「ついておいで。いざというときは守ってあげるから」というスタンスの男性でしょう。

 って、今の主人はこうだろうか?
 私は今、全然淋しいとも思わないし、飽きてもいない・・・ 
 でも、そのまんまでいいよ、って言ってくれるスタンスは、大きく構えて見守ってくれてるからかな?
 完製品の男性、って・・・ 完成品なのか?! 完成品???
[PR]
by caramel-chan | 2009-04-22 21:05